headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病の特徴と治療方法

うつ病の特徴と治療方法

治療期間が長期化する鬱病
現代病と言われることのある鬱病ですが、この病の特徴には、発症した時の治療期間の長さが上げられるのではないでしょうか?ですから早期の治療はとても大切ですし、そのままにしておきますと大変危険ですし、一層治りにくくなってしまいます。

そして、うつ病には季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病などという、発症の原因からくる別名もありますが、闘病期間が数年から数十年にも及ぶ人もたくさんいらっしゃいます。


再発の危険も
さらにはですね、一度うつ病を患ってしまいますと、治ったと思われても再発する人が多いという現実もあります。そんなこともあって、この病の場合は、寛解(かんかい)という言葉を使うことが多いように思います。

ちなみに寛解(かんかい)とは、これは永続的か一時的を問わないで、病気による症状が好転または、ほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態のことをいいます。



それほど完治させることの難しい病なのかもしれません。あるいは治ったからと言って油断していたら再発しますよ、という意味でもありますね。

うつ病って、朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもある人もいれば、夕方から夜にかけての時間帯が危険という人もいますね。本当に捉え方の難しい病なんですね。



誰でも発症する可能性が
うつ病は子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります。ということは、誰でも発症する危険のある病なんですね。落とし穴は身近なところに潜んでいるかもしれませんよ。

そんな鬱病ですが、治療方法は多くの場合、「薬を用いての治療」と「精神療法」が並行して行われることになります。

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト