headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病の薬物療法と精神療法

うつ病の薬物療法と精神療法

うつ病の治療方法は、通常は「薬を用いての治療」と「精神療法」が並行して行われることになります。

薬物療法
薬物療法は、患者の症状に合わせて抗うつ剤・抗不安薬・精神安定剤・睡眠導入剤などの服用により症状の改善を図ることになります。

また薬による経過をよく観察して、変化する症状に合わせ、あるいは改善する傾向が見られない場合は、別の薬を処方する。

そんなことの繰り返しで、その人に合った薬と量の確認をするという治療が続きます。



この治療は、本当に根気が必要になってくるんですよね。

薬物療法の一番の柱は抗うつ剤ですが、この薬は発症する人の人数の多さも手伝ってか、研究開発が日進月歩で進められております。

そのため副作用が少なく安全で効果が期待できる薬も登場しているんですね。

以上のような薬物療法と同時進行で行われる治療が、精神療法です。



精神療法
心理士によるカウンセリングや、認知行動療法森田療法などがあります。

この森田療法は創始した頃と比べると、薬を併用する、入院ではなく通院が主流になっているようです。



ちなみに心理士という資格には、臨床心理士、学校心理士、臨床発達心理士、認定心理士、応用心理士、医療心理士、健康心理士などの資格があるんですよ。

心理士によるカウンセリングでは、会話を重ねることでストレスを発散させたり、不安や悩みを取り除く作業が行われます。



認知行動療法
認知行動療法では、考え方の修正などを行われることになります。

うつ病を発症する人のタイプとして、「0か100か」「オールオアナッシング」といった極端な考え方や「自分は○○べきである」「自分は◯◯でなければならない」という自分に厳しい考え方の人が多く見受けられます。

ということで、そんな偏った考え方の修正を図るのが認知行動療法なんですね。



また、毎日の行動計画を立ててチェックを行うことで「あることに対して計画通りに出来たことの自身」を取り戻すようにして進めながら乱れた生活習慣の立て直しを行ってまいります。

生活習慣の乱れは健康に害を及ぼして、生活習慣病を呼ばれる疾患を引き起こす可能性もあります。うつ病と生活習慣病のダブルパンチなんて最悪ですからね。



最近は、森田療法を行う病院も減少傾向ですが、この治療方法も日記を付けることで生活習慣の見直しをする方法だそうです。

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト