headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病の人を励まさないで

うつ病の人を励まさないで

励ましは厳禁
いかがでしょうか?もし皆さんが家族や同僚、そして親しくしている人から「うつ病」であることを告げられたらどうしますか?

一般的にはおそらく、驚きながらもよく話を聞いて慰めてあげたり、励ましたりするのではないでしょうか?

日ごろからの交流が深ければ深いほど、そのような感情が強くなることと思います。



感情というものは自分である程度コントロールできるようになると、人間関係が楽になるものではありますよね。

さてこの同情という感情ですが、うつ病患者に対しての接し方として「安易な励ましはいけない」と言われています。

「うつ」という病も、その患者数の多さから、世の中の認知度も上がったため、うつ病の人に「頑張れ」と声をかけてはいけないと認識されてきてはいるようです。


周囲の人に理解されない
そもそも鬱病を発症させてしまった原因は、本人が頑張り過ぎて精神的な疲労が限界を超えた事によるものだと言われております。

うつ病患者本人に言わせれば、「こんなに頑張ったのに誰も評価してくれない」「これ以上どう頑張ればいいの?」ということになりますからね。



家族や周囲の人の理解が得られることなく、孤独に苦しんでしまうことのある鬱病です。そんな病を発症して、今まで出来ていたことが出来なくなっても、本人としては本当に努力して頑張っている。

こんな風になっていることもあります。



例えばですね、私の知人にうつ病を発症してしまった方がいますけれども、徒歩で1、2分程度のコンビニにタバコを買いに行くにの20分以上かかってしまうとか、ひどい時は行くことすらできないとうこともあったそうです。

頑張っている人に、「頑張って」と声をかけることはやはり控えた方が良いと思います。

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト