headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病治療の基本は薬物療法です

うつ病治療の基本は薬物療法です

傷ついた脳には休養が必要
うつ病の治療というのは、まずは脳に休養を与えるところから始まります。そして心理療法と薬物療法が並行して行われることになるわけです。

そんな中でも中心的な役割を果たすのが、薬物療法ということになります。もちろん他の療法と並行して行われるケースも多々あります。


うつ病は、身体的に他の病気と間違えられることもありますので、診断が難しいこともあります。

また、かつて怠け病なんていわれていた時代もありましたが、近年ではようやく一般的にも鬱病というものが認識されるようになってまいりました。

それでもなお、理解されないこともありますよね。


4種類に分類される薬
そんなうつ病には、治療のために処方される薬物は色々な種類がありますが、大きく分けて4種類に分類されます。

開発された順番に申し上げますと、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、SNRIとなっています。


うつ病の薬物療法において、少し前まで主に使われていた薬は三環系抗うつ薬でした。しかし口渇、便秘、排尿障害などの副作用が強く出てしまうこともありました。

さらにその効果と言えば、効力が発揮されるまで2〜4週間もかかってしまいました。


もちろん薬と名のつくものが、副作用を全くともなわないということは難しいことだと思います。


効果的で副作用も少ない薬
そんな三環系抗うつ薬に比べて、副作用の少ないタイプが四環系抗うつ薬となっております。ただこの薬は体にかかる負担もすくないのですが、うつ病に対する効果もちょっと弱くなってしまうんですね。

薬というのは、副作用を極力抑えて効果のみが発揮されるようにするかが製薬会社の目指すところだとは思いますが・・・。


うつ病にも効果があって、さらに副作用も少ない薬として開発されたのはSSRI、SNRIです。

SNRIはセロトニンとルアドレナリンに働きかけてうつ病の症状を緩和させる作用があり、意欲低下が強い場合にに処方されることになります。


最後に選択的セロトニン再取り込み阻害薬についてですが、セロトニンという神経伝達物質の再取り込みを抑制してうつ病の症状を緩和させる働きがあります。

この薬は主に、不安や落ち込みのような症状の強い場合に処方されます。症状というのは、程度やどんなものかなど人それぞれで個人差がありますからね。

ちなみにセロトニンの原料となるトリプトファンという必須アミノ酸は、肉類に多く含まれているそうです。


セロトニンが不足しますと、眠りが浅くなったり集中力がしたり、さらには低体温に陥ったりなどと、色々な症状が出てしまいます。


副作用がないわけではない
ところで選択的セロトニン再取り込み阻害薬やSNRIも副作用が全くない訳ではありません。四環系抗うつ薬に比べれば軽くなります。

しかしながら、軽いとは言っても頭痛や吐き気などの副作用が出ることもあるということです。


さてうつ病の薬というのは、長期間服用するケースが多いわけですが、そうすると依存症に陥ってしまい、止められなくなることもあります。

さらには長期間の服用で、薬としての効力が落ちてしまうこともあります。したがいまして、薬のみの治療ではなくて他の方法についても試みた方がいいと思います。

尚、うつ病の薬は服用を突然止めたりしますと、離脱症状が出ることもありますから素人判断で止めたりしないようにしましょう。

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト