headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病に効果のある漢方薬

うつ病に効果のある漢方薬

よく利用される漢方薬
うつ病の治療でよく利用される漢方薬に、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)というものがあります。

これらの漢方薬は主に、自律神経系の調節に有効であると言われています。


また、疲労回復を目的にした、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や十全大補湯 (じゅうぜんたいほとう)、頭痛を抑えるのに役に立つ、加味逍遥散(かみしょうようさん)や釣藤散(ちょうとうさん)などがあげられます。

以上のもの以外には、抗うつ薬の副作用からくる喉の不快感には、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、めまいには、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などのものもあります。


漢方薬は多くの場合、抗うつ薬と一緒に処方されますが、例えば症状が軽度の時など、漢方薬だけでも効果を期待できるでしょう。

しましながら、自らの命を危機に陥れてしまう可能性のある中程度以上の症状が現れているようなケースでは、漢方薬だけというわけにはまいりません。ちょっと危険すぎますので、抗うつ剤との併用が望ましいと思います。


女性の場合、出産などで「産後うつ」となってしまうケースがあります。これは出産によってホルモンバランスが急に変化することが原因ですが、抗うつ剤は母乳に悪影響が出えしまう可能性がありますので服用できません。

そのような時も、漢方薬を利用することがあります。

当然のことではありますけど、以上のような事は全て主治医の判断ということになりますね。

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト