headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病の治療と心理療法

うつ病の治療と心理療法

早期治療が大切です
うつ病の治療というのは基本的に、薬物療法、心理療法、休養を並行して行うことになります。

うつ病は早期治療が何よりも大切と言われておりますし、放置するととても危険です。それになにより治りづらくなってしまいますからね。


これらの治療の中でも、心理療法の持つ意味は大きく、サイコセラピーとか、精神療法と呼ばれることもあります

心理療法は、カウンセラー、セラピスト、治療者などという立場の人が、患者の心に“言葉”を使って直接的に働きかけてくれます。そして苦痛の排除を進めて行ってくれるのです。

患者さんは、まずは自分が病気であることを受け入れる必要があります。そして治療のために努力をしなければなりませんからね。


うつ病は周囲に理解されない
うつ病の心理療法には、発症した原因やカウンセラーによって、方法も色々ありますが、主に実施されているのは「認知療法」「行動療法」「精神分析療法」などがあげられます。

ちなみに心理療法ですが、最近では経言語プログラミングやヒプノセラピーなどもよく知られるようになりました。


うつ病はどうしても、家族や周囲の人に理解されないことがあります。そうすると孤独に苦しめられることもあるわけです。

そんな時、カウンセラー、セラピスト、治療者たちであれば、一番の理解者になってくれるはずです。


先ほどの認知療法ですが、心理療法の中では一番多く取り入れられております。この方法は、1970年代にアメリカの精神科医ベックによって体系化されものです。


※関連記事
心理療法の種類

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト