headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病に効果のある運動療法

うつ病に効果のある運動療法

効果的で再発率の低い運動療法
うつ病の治療方法についてですが、運動療法というやり方があります。

この方法は、アメリカンデューク大学で研究されたもので、それによりますと、うつ病の治療におきましては薬物での治療よりも運動療法の方が症状を改善することができて、さらには再発率も極端に下がったという結果が出たそうです。


うつ病は、時には「心が風邪を引いた」などという表現をすることがありますが、その治りにくさは風邪とはとても比較できるものではありませんから、運動療法がそこまで有効であればとても良いお話しではないでしょうか?

昨今の研究では、うつ病を患う人の脳や血液の中に存在する、神経細胞の成長を促進して情動を制御するタンパク質であるBDNF(脳由来神経栄養因子)の減少が確認されたそうです。そしてBDNFは運動することで増えるというお話しです。


効果のある有酸素運動
さて、うつ病を改善するための運動療法というのは一体どのような運動になるのでしょうか?いえ、けっして難しい運動を求められているわけではありませんよ。

実際に、うつ病の運動療法として採り入れられているものは、水泳やジョギング、ウォーキング、エアロビクス、サイクリング、ストレッチなどです。ようするに有酸素運動が効果を見込めるとされているわけです。

また、このような有酸素運動は、神経伝達物質であるセロトニンなどの脳内分泌物の分泌を促してくれます。薬を使うことなくセロトニンの分泌量が増えるというのは、服用する薬の種類が多いうつ病患者にとっては喜ばしいことだと思います。


※関連記事
>>有酸素運動による運動療法<<
>>うつ病と運動療法<<

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト