headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病と運動療法

うつ病と運動療法

再発事例が少ない運動療法
うつ病のことを時折、心が風邪を引いたなどという言い方をされることがありますが、その闘病期間を考えますとそれほど簡単に考えていい病気ではないはずです。

いえもちろん、風邪を軽く扱うつもりはありませんよ。


そんなうつ病の治療方法には運動療法というものがあります。

アメリカンデューク大学において実施された研究によりますと、運動療法は薬での治療よりも有効であり、また再発する事例も非常に少ないという結果だったそうです。


運動で増加するBDNF
ところで神経細胞の成長を促して感情の動きである情動をコントロールするタンパク質にBDNF(脳由来神経栄養因子)というものがあります。

昨今の研究では、このBDNFの存在が、うつ病患者の脳や血液の中に減少していること、そしてBDNFは運動によって増えることが明らかになってまいりました


実際に、うつ病の治療目的に採り入れられている運動としましては、ウォーキングやジョギング、そしてサイクリングにエアロビクス、ストレッチなどの有酸素運動があげられます。

また、有酸素運動には神経伝達物質であるセロトニンなどの分泌を促してくれる作用がありまして、これがうつ病患者の精神状態の改善に繋がることも解明されてきたのです。


ただし運動療法は、自らの命を断つことまで考えてしまうような症状の重い患者には適しておりません。

もう少し症状の軽い人や中程度の方、そして回復期の患者には有効であると考えられています。

また、最近何かと問題となっている新型うつのような人にも効果的と言えるでしょう。


【関連記事】
>>うつ病に効果のある運動療法<<
>>有酸素運動による運動療法<<

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト