headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病治療〜認知の歪みを修正する〜

うつ病治療〜認知の歪みを修正する〜

※「うつ病治療の認知療法とは?」からの続きです。

思考の癖を客観的に見る
うつ病に対する精神療法として開発された認知療法(認知行動療法)は、自動思考と呼ばれる認知の歪みを第三者の目の如く客観的に捉えて系統分類して書き記すことで考え方を修正していきます

ちなみに自動思考とは、ある出来事が発生した時に瞬間的に思い浮かぶ考え方のことで、人それぞれが持っている考え方の癖のようなものです。


どのような状況下においてその出来事が起きたのか、その時に思い浮かべた自動思考に対して自動思考とは矛盾する事実を見つけて明らかにし、本来あるべき考え方、そして合理的な反応を書き記します。

以上のような作業をすることで、今までうつ病患者が囚われの身となっていた悲観的な考え方、「思考の癖」を習慣的に感じるのではなく、客観的にとらえることができるように導いていきます。


重度のうつ病には適さない認知療法
ただし、重度のうつ病状態にある時はちょっと難しいかもしれません。いくら認知療法(認知行動療法)を実施しようとしても、うつ状態が重度の場合は客観的に捉えることができないかもしれません。

物事を客観的に捉えることができないと、やはり成果を上げることはできないでしょう。このような場合は、疲れて傷ついている脳を休ませてあげて、ある程度回復できた状態で実施した方が良いと思います。

認知療法(認知行動療法)を行うことで、完全にとは言いませんがある程度感情をコントロールできるようになるところまで持っていけるといいですね。

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト