headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病を理由に休職できます

うつ病を理由に休職できます

長期化しがちなうつ病の治療
真面目で几帳面な人ほど発症する確率が高くなるうつ病ですが、その発症初期の段階で最も大切なことは脳への充分な休養です。

うつ病の発症初期は、休息期とも呼ばれるほどひたすら傷ついた脳を休ませてあげる必要があります。


心配事を極力排除した環境で休ませてあげることで、次の始動期へと移行して本格的なリハビリなどの治療を実施することができるようになるわけであります。

しかしながら、その患者さんが社会人ということであれば、仕事をしながら治療を行うことが難しい場合もあります。有給休暇を取得するにしても、その間に完治させることは難しいケースのほうが多いんですね。


休職して完治させましょう
何しろうつ病の治療は、最低でも2ヶ月から3ヶ月という期間が必要となるケースが殆んどです。そうなると休職するという選択肢しか方法がなくなってしまいます。

まさか退職してしまっては、収入の手段を失ってしまいますからね。


うつ病を理由にして休職ができるのでしょうか?もちろん、この場合の休職とは、しっかりと復職ができるという意味で申し上げているわけであります。

ハッキリと言いまして、一般的な企業などの労働環境であれば、うつ病を理由に休職することはできるはずです。実は私の娘は、幼稚園の先生をやっていましたが、うつ病を発症して年の単位で休職しました。

また職場の知人も同様に、うつ病で一年以上の期間を休職しています。

うつ病は休職の正当な理由になります。ただし、復職にあたっては色々な問題が山積していましたけどね。


※こちらに続きます。
>>>うつ病で休職する時

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト