headband

うつ病の治療方法

HOME >> うつ病で休職する時

うつ病で休職する時

※「うつ病を理由に休職できます」からの続きです。

長期の治療が必要なうつ病
うつ病もと言いますか、それこそ、うつ病を発症する前のうつ状態程度の軽いものであれば、薬を服用して病院通いを続けながら仕事を継続することはできるかもしれません。

それだって、病状が重症化する可能性がある危険な状態に置かれることになると思いますけどね。


重度のうつ病は、当然のことながら仕事を継続しながら治療をすることはできないと考えたほうが良いでしょう。そうでないと、本当に人間が壊れてしまいます。

そんな時は、できるだけ早く休職したほうが治療期間も短くなるはずです。


休職は診断書の提出は必須
休職する場合は、専門の医師による診断書の提出は必須です。ただ単に「うつ病みたいなので休職させてください」では、話が通るはずもありません。

専門の医師と相談して、会社の総務としっかり相談の上、休職の手続きを進めるようにしましょう。多くの企業では嘱託医がいたりしますので面談が条件となる場合もあります。

休職の期間ですが、主治医の考えにもよりますが、通常は月単位の休職の申請となります。多くの場合、2ヶ月から3ヶ月の休職期間から始まります。

必要となる休職の期間も診断書に主治医から記入してもらって会社に提出しましょう。

主治医と会社の担当者とよく相談の上、休職ということになったら、原因となった仕事のことを考えてはいけません。

とにかく、最初は休養を取ることが大切です。できれば、自分が楽しいと思えることを行うことで精神的にもリフレッシュすることが大切です。

pagetop

うつ病の原因

うつ病の種類

うつ病対策

うつ病の症状

うつ病の治療

うつ病の接し方

トピックス


◆今週の注目記事





  • (最終更新日:

    うつ病の原因

    うつ病の種類

    うつ病対策

    うつ病の症状

    うつ病の治療

    うつ病の接し方

    Copyright(C) 2012 うつ病の原因と症状〜治療方法は?〜 All Rights Reserved. FXの取引コスト